SIMが入ったiPhoneを修理する方法になります | iPhoneユーザーにもオススメ!格安SIM徹底調査隊

alt_02

SIMが入ったiPhoneを修理する方法になります

SIMが入ったiPhoneを修理したいと思っている人も多いのではないでしょうか。実際にすぐに利用したいので、内容を詳しく知りたい人もいるのかもしれません。そこで、SIMが入ったiPhoneを修理について紹介します

デバイスの購入証明書が必要なこともあります

デバイスを正規サービスプロバイダや通信事業者に直接持ち込む場合は、まずはデバイスをバックアップする必要があります。なにかトラブルが発生してしまうことで、データがすべて消えてしまうこともあるからです。パスワードを確認して、自分で初期化することが望ましくなります。データをあらかじめ消去しておくことで、セキュリティ保護できます。そして、手続きには購入証明書が必要になる場合があるので、できれば購入時のレシートも一緒に持っていくことをおすすめします。万全に準備を整えておくことで、スムーズに処理を進めることが可能になります。

本人確認書類も持参する必要があります

デバイス本体に加えることで、アクセサリにも一緒に持っていくことが大切になります。不具合の原因を見つけやすくなるからです。デバイス本体の問題ではなく、アクセサリに不良が見つかるケースも多くあります。そして、運転免許証やパスポートなどの本人確認書類も必要になります。また、予約をして来店すると、待ち時間を最小限に抑えることも可能になります。まずは予約が必要なのかを店舗に直接確認することが望ましくなります。デバイスを配送して、状態をチェックしてもらうことも可能になります。さまざまなサポートやサービスの方法が、用意されています。

下準備をしっかりすると、安心できます

デバイスを配送する場合は、あらかじめ下準備をすることが望ましくなります。デバイスの電源が入らない場合やデバイスが反応しない場合は、できる範囲のみ行うことが大切になります。まずペアリングを解除することで、新しいバックアップが作成されます。デバイスが戻ってきたときに、バックアップを使ってデバイスを復元します。そして、設定、メッセージの順にタップし、データをオフにします。デバイスのデータを消去して、リセットします。すべてのコンテンツと設定を消去すると、完了になります。入力画面が表示されたら、パスコードとパスワードを入力します。

まとめ

このように、SIMが入ったiPhoneを修理は簡単なことが判明したのではないでしょうか。しかし、何かの手違いですべてのデータが消えてしまうこともあります。そのため、前もってバックアップを取り、後悔が内容に備えることが大切でしょう。

オススメ記事

LINE MOBILE

今の時代、携帯電話は必需品ですが、使用料を抑えたいと希望する人は多いでしょう。格安スマホもメジャーになりましたが、たくさんの会社があり迷います。LINE MOBILEは、LINEアプリで有名になった会社で安心です。

mineo(マイネオ)スマホ

携帯電話の使用料を抑えたいけど、今使っている端末を変えたくない人にはmineo(マイネオ)スマホがお勧めです。ドコモやauの回線を使用している人は端末を変えずに、変更できます。今まで使っていたアプリも引き継げるので助かります。

TOP