iPhoneのSIMを交換したいときの注意を知る | iPhoneユーザーにもオススメ!格安SIM徹底調査隊

alt_02

iPhoneのSIMを交換したいときの注意を知る

iPhoneは、いろいろな通信会社のサービスが利用できます。その時にはSIMの交換をしますが、機種によりサイズが異なることを知っておきましょう。携帯電話会社から購入したものは、ロックの解除をしないと行えません。

MVNOを使うなら機種に合ったサイズを選択

何かを交換するとき、特にサイズのことを気にせずに買ってしまうことがあります。サイズが複数あり、その中から選ばないといけないことがあるので注意が必要です。携帯電話やスマートフォンの場合は、SIMカードと呼ばれるものがあり、こちらを交換することで別のサービスが利用できる場合があります。iPhoneの場合には、機種に合ったサイズで注文する必要があります。MVNOを利用することがあるかもしれませんが、複数のサイズから選べるはずです。一般サイズ、マイクロサイズ、ナノサイズです。最新機種はナノサイズになります。ナノサイズを選んでおけば、アダプターを使って一般サイズやマイクロサイズにできます。

ツールを使うと簡単に取り出すことができる

携帯電話会社で新たに契約をするとき、すぐに使える状態で渡してくれます。新品の状態だと何の登録もされていませんが、その後に登録などをしてくれます。そしてカードのセッティングなどもしてくれます。基本的にはそれ以降は自分で何かをすることはありません。ただ、最近はSIMカードを交換して使うケースが増えています。iPhoneの場合には、取り出すためのツールが箱に入っています。非常に小さいので、気づかないかもしれません。小さい針金のようなツールです。それを横の穴に差し込むことでカードの取り出しができます。後は、新しいカードを載せて差し込めば完了になります。

異なる通信回線のカードを利用する場合

iPhoneにはSIMフリーと呼ばれる機種があります。メーカーから直接買えるタイプで、こちらなら自由に通信会社の交換が可能です。しかし、通信会社と直接契約をした場合には、その会社の通信しかできない状態になります。変えたい場合には、ロックの解除が必要になります。今は一定の手続きをすることでロックの解除ができ、別の会社のカードを利用することができます。解除方法は、通信会社によって異なるので、手順書などがあればそれに従うようにします。通常はカードを変えただけでは情報などは無くなりませんが、ロック解除をすると一部で無くなる場合があるので、データのバックアップなどをする必要があります。

まとめ

iPhoneを利用していて、MVNO等のSIMに交換をしたいときがあるでしょう。機種によってサイズが異なるので注意しないといけません。ロックの解除が必要な場合があり、データのバックアップなど通信会社ごとの手順に沿って行います。

オススメ記事

LINE MOBILE

今の時代、携帯電話は必需品ですが、使用料を抑えたいと希望する人は多いでしょう。格安スマホもメジャーになりましたが、たくさんの会社があり迷います。LINE MOBILEは、LINEアプリで有名になった会社で安心です。

mineo(マイネオ)スマホ

携帯電話の使用料を抑えたいけど、今使っている端末を変えたくない人にはmineo(マイネオ)スマホがお勧めです。ドコモやauの回線を使用している人は端末を変えずに、変更できます。今まで使っていたアプリも引き継げるので助かります。

TOP