iPhoneのSIM交換をするときの移行方法 | iPhoneユーザーにもオススメ!格安SIM徹底調査隊

alt_02

iPhoneのSIM交換をするときの移行方法

iPhoneでSIM交換をしたとき、基本的には電話帳などのデータが消えるわけではありません。ただし、データのバックアップをして行うと安心できます。ロック解除に関しては、オンラインで行うことができるので申し込みをしておきます。

基本的なデータはそのまま使うことが可能

iPhoneを利用するとき、いろいろなデータを記録保存します。電話サービスを使っているなら、電話帳やアドレス、メールなどがあるでしょう。その他、データをダウンロードして保存したり、カメラ機能で撮影した写真を記録することもあるはずです。SIMを移行するとき、基本的なデータはそのまま残ります。カードには通信をするための情報が記録されているのであって、電話帳などが記録されているわけではありません。ただし、自分自身の番号やアドレスは記録されています。交換をした後に誰かにメールなどをすると、新しいサービスにおけるアドレスから行われたことになるので、注意しないといけません。

コードを忘れると初期化しないといけなくなる

iPhoneを利用する時には、万が一に備えてロックなどをかけておきます。これによって悪用されなくなります。一方で、通信会社を変更する時には、SIMロックの解除が必要になります。この時にはパスコードを入力する必要があります。これを忘れるとそのまま移行ができない状態になります。いろいろな数字などを入力しますが、何回かは可能です。しかし、一定回数を超えると行えなくなります。最終的には初期化が必要になる場合があります。初期化をすれば、機械の中のデータが全部消えてしまいますから、大事なデータなども消えることになります。バックアップを取った上で行うなどが必要になります。

通信会社などを通じて手続きを行う

iPhoneには、通信会社との契約に基づいて手に入れたものと、メーカーから直接手に入れるタイプがあります。通信会社との契約をしたものだと、SIMロックがかかっています。解除をすることによって、別のサービスへの移行が可能になります。まずは、通信会社にロックをする旨を伝えます。ショップでも行えますが、オンラインで行うことができます。その時には手数料がかかることもあります。完了すれば挿し替えるだけで新しいサービスを使うことができます。ロックを解除したとしても、契約を解約しない限りはそのまま以前のサービスも使うことができます。差し替えて複数のサービスを使うことが可能です。

まとめ

iPhoneは使いやすいスマートフォンなので、1台あるならそれで複数の会社のサービスを利用したいと考えがちです。フリータイプの移行は簡単で、ロックが必要な時は少し大変なこともあります。バックアップした方がいいこともあります。

オススメ記事

LINE MOBILE

今の時代、携帯電話は必需品ですが、使用料を抑えたいと希望する人は多いでしょう。格安スマホもメジャーになりましたが、たくさんの会社があり迷います。LINE MOBILEは、LINEアプリで有名になった会社で安心です。

mineo(マイネオ)スマホ

携帯電話の使用料を抑えたいけど、今使っている端末を変えたくない人にはmineo(マイネオ)スマホがお勧めです。ドコモやauの回線を使用している人は端末を変えずに、変更できます。今まで使っていたアプリも引き継げるので助かります。

TOP